• ホーム
  • 質の高いバックリンクとはどんなものか

質の高いバックリンクとはどんなものか

パソコンを見ている男性

SEO対策では、このようにバックリンクの量よりも質が大切です。
ですから、良質な被リンクによってサイト価値を高めるためにはある程度のスキルが必要になって来ます。
バックリンクを利用して高品質なウェブサイトを作るためには、そのリンクがどこから張られているか、どんな風に張られているかという点にも気を遣う必要があります。

例えば、同業者や友人から張ってもらうリンクよりは、政府機関や地方公共団体のように信頼性の担保されているサイトから張ってもらうリンクの方が効果的です。
また、有名人や有名な企業からのリンクも質が高いと言えます。
有名企業や政府機関からのリンクをビジネス向けのサイトが獲得する事は通常では難しいですが、このやり方については後で解説します。

このように、他サイトからリンクを張ってもらう場合には、出来るだけ高品質で信頼性や専門性のある所から張ってもらった方が良い結果をもたらします。
逆に質の低いサイトからのバックリンクは弾いて行けば良い訳です。

アンカーテキストの記述も重要です。
例えば、メインコンテンツからサブコンテンツにリンクを張る場合や、その逆の場合など、きちんと関連性を持たせるようなリンクの張り方をしましょう。
すなわち、テキストに書かれているキーワードと、リンク先の内容がきちんと一致していることが大切です。

例えば、アンカーテキストには「トップページへ戻る」という言葉が書かれているのに、商品情報のページに飛んでしまったら、利用者は混乱するだけでなく検索エンジンの評価も著しく下がります。
アンカーテキストには正確で簡潔なキーワードを使用するように心がけて下さい。

リンクに自サイトとの関連性を持たせたくない場合もあります。
こうした時はnofollow属性を使います。
例えば、同業者だけれど評判の悪い会社へのリンクがある場合、リンクタグの中にrel="nofollow"という属性を埋め込んでおけば、検索エンジンはそれ以上のフォローをしなくなります。
このやり方をすれば、自サイトの信頼性や安全性を確保しておく事が出来ます。

メインコンテンツとは別に、サブコンテンツを別サイトに作るというやり方もあります。
この方法はサテライトサイトと呼ばれるものです。
サテライトサイトからのバックオーダーをSEOに利用する際は、サテライトサイトのコンテンツをなるべく自然に作成する必要があります。
そうしないと、検索エンジンからはスパムだと判定されてしまうリスクがあります。