• ホーム
  • 相互リンクのリンクファームを作ることはSEO的に危険

相互リンクのリンクファームを作ることはSEO的に危険

友人同士のウェブサイトなどを運営している場合には、相互リンクの数は出来るだけ増やしたいと考えるものです。
しかし、ネットビジネスの世界でも同じ事が言えるとは限りません。
SEO面のことを考えるのであれば、被リンクや相互リンクの獲得には十分注意を払うべきです。

なぜなら、Googleでは不自然な相互リンクによるリンク集を、検索エンジンスパムの一種だと判断しているからです。
リンク集のページというのは、一般的にはユーザーにとっても有用な物なのですが、かつてはこれを悪用して意図的に検索順位を高めるというスパム行為が行われていました。
こうしたリンクファームはそのほとんどが自動生成によって作られた物で、スパムを行っている人間にとっては濡れ手で粟の状態だった訳です。

ですから、こうした行為は現在でもユーザーの利便性を損なうガイドライン違反だと見なされてしまいます。
Googleではもちろん、相互リンクによるリンク集を禁止してはいません。
ですが、実際にインデックスから外されたり、サイトの順位を下げる結果になる事を考えれば、これはSEO的に見て禁止されているのとほぼ同じ事だと言えるでしょう。

また、明確にガイドライン違反とされているリンクファームも存在します。
それは、リンク購入によってリンクファームにウェブサイトを取り込んでもらう場合です。
リンク購入と言うのは、お金を支払ってリンク集のページから自サイトへのバックリンクを張ってもらうことを言います。
この行為はガイドラインの中にはっきりと違反行為として記載されているので、手動ペナルティの対象にもなり得ます。

わざわざペナルティを受ける危険を冒してまで、リンク数を獲得しようとする事は先々の事を考えれば愚かなやり方だと言えます。
自動生成のスクリプトやリンク集に頼らなくても、良質なリンクは地道な努力によっていくらでも増やしていく事が出来ます。
その一方で、一度失われたサイトの価値や信頼を取り戻すのは至難の業だと言えます。

もし相互リンクを張るのであれば、質の高いサイトだけを厳選して行うべきでしょう。
一端相互リンクを張ってしまうと、しがらみもあって中々解消するのは難しいものです。
価値の低いサイトから相互リンクの要請が来た場合には、それがリンクファームである可能性も考慮して、なるべく慎重になった方が良いと言えます。
ネット上には無数のサイトが存在しますから、焦らずじっくりと構えておく事が大事です。