• ホーム
  • 手動ペナルティを受けた時はバックリンクが原因の可能性も

手動ペナルティを受けた時はバックリンクが原因の可能性も

パソコンを使う女性

SEO対策には有益な物だけでなく、無益な物もあります。
それどころか有害な物もあり、その一つが検索エンジンから手動ペナルティを受けてしまうような間違ったSEOです。

手動ペナルティと言うのは、Googleのスタッフが目で見て確認して、ガイドラインに違反していると判断したウェブサイトに適用されます。
手動ペナルティを受けたサイトは検索エンジンにインデックスされなくなったり、大幅に順位を下げるといったかなり重い罰を受けます。

どんな時に手動ペナルティを受けるのかと言えば、Googleのガイドラインに対して悪質な違反をしていたり、違法行為を行っている場合などです。
具体的には、違法な薬物の売買や差別的な言語表現、コピーコンテンツやスパムサイトを運営しているケースなどが該当します。

自分では心当たりがないのになぜか手動ペナルティを受けてしまったとしたら、それは違法行為やスパム行為を行っていると判断されてしまった可能性が高いでしょう。
実際、これは中古ドメインを運用している場合にはよくある話です。

中古ドメインを購入すると、以前のサイトへサテライトサイトから大量のバックリンクが張られている事があります。
それがアダルトサイトやフィッシングサイトだった場合、新たにドメインを購入したオーナーまで違法行為やスパム行為との関連性を疑われてしまう訳です。

もちろん、自作自演の相互リンクなどを行っていれば論外で、これは当然スパムだと判断されて手動ペナルティの対象になります。
複数のドメインや言語を使って似たようなウェブサイトを作成している場合にも、スパムだと判定される可能性が高いです。

ですが、コンテンツに問題がないのに検索エンジンのインデックスから除外されてしまうような時は、バックリンクにアダルトサイトや違法なサイトなど、ガイドラインに違反しているサイトが含まれている可能性があるのです。

一般的に、悪質なオーナーはごく普通のサイトだと見せかけながら、違法なウェブサイトやスパムサイトを運営しているケースが多く、Googleのスタッフでも本当に違反行為を行っているのかどうかの見分けが難しい場合もあります。

そういったケースでは、Googleではよくある事例に照らし合わせて判定を下す事になるため、自作自演のサイトや違法なサイトだと間違われてしまう可能性があるのです。
ですから、こうした関連性を疑われかねないようなリンク申請は出来るだけ却下するように注意する必要があります。