• ホーム
  • 不要なバックリンクはサーチコンソールで否認する

不要なバックリンクはサーチコンソールで否認する

これまで見て来たように、自サイトへの被リンクの質、すなわちリンク元サイトの質を管理する事はSEO対策をする上で重要な要素になります。
もちろん優良サイトからのリンクはSEO上有用なのですが、スパムサイトなど悪質サイトからのリンクは出来る限り減らして行きたいところです、

すでにリンクが張られている場合には、リンク元の運営者に削除依頼のメールを出しましょう。
このやり方では失敗する事もありますが、まずはマナーとしてメールは送っておいた方が良いと言えます。
ネット上では信頼度が何よりも大切だからです。

ですが、削除依頼が難しい時にはリンクを否認するためのツールも存在しています。
Googleのウェブ運営者向けツールであるサーチコンソールには、「リンクの否認」という項目があり、これをリンク否認ツールとして使用する事が出来ます。
このツールを使用する場合にはまず、GoogleのIDに登録しておく必要があります。

否認の手順としては、初めにサーチコンソールの「検索トラフィック」から「サイトへのリンク」を選び、自サイトに張られているリンクの状態を確認します。
次に「サイトへのリンク」を選択した後、「サイトへのリンク」を選ぶ事で、バックリンクのデータをCSV形式でダウンロード出来ます。
このCSVファイルはExcel上でも確認する事が可能です。

データのダウンロードが済んだら、不要なリンクをテキストファイル等に書き出して行きましょう。
次いで「リンクの否認ツール」のページを開いた後、ウェブサイトを選んで「リンクの否認」をクリックします。
ここから否認したいリンクのデータをアップロードすれば、バックリンクの否認が完了となります。

このように、サーチコンソール上でのバックリンクの否認方法は意外と簡単です。
しかし、Googleではこの否認ツールはあくまでも非常用の手段だと考えているようです。
スパムサイトや違法サイトなど、どうしても削除すべき悪質なサイト以外に使用する事は推奨していません。
先に書いたように、可能であれば直接サイト運営者にリンクの削除依頼をするのがベターです。

インターネット上にあるサイトの数は指数関数的に増えていますし、ウェブサイト同士のつながりに関してもますます複雑になって来ていますから、今後こうしたツールを利用する機会は増えていく可能性が高いと言えます。
ウェブマスターであれば、リンクの獲得のし方だけでなく否認方法についてもしっかりと覚えておきたいところです。