• ホーム
  • やってはいけないブラックハットSEOとは?

やってはいけないブラックハットSEOとは?

SEO対策としてすべきではないSEO、検索エンジンからペナルティを受けやすいSEOの事をブラックハットSEOと言います。
こうしたやり方をすると、Googleを始めとした検索エンジンは不正を行っていると判定しやすく、サイトにとってはあまり良い結果をもたらしません。

ブラックハットSEOにはいくつかのやり方が存在しますが、要するにGoogleのガイドラインに違反しているような物がそれだと思えば良いです。
例えば、自サイトとは無関係のサイトに料金を支払ってリンクを張ってもらう有料リンクや、自動生成で作られたワードサラダと呼ばれるウェブサイト、隠しテキストを埋め込んでコンテンツとは無関係のユーザーを取り込もうとしているウェブサイトなどがガイドライン違反となります。
先に書いたリンク集もガイドライン違反となりやすいです。

こうしたサイトは検索エンジンのアルゴリズムを騙して上位表示を狙っていると判断されてしまうため、肝心のGoogleからペナルティを受ける可能性が高くなります。
SEOにおいて、検索エンジンのアルゴリズムを分析して、それに対処しようとするのは当然の事なのですが、やり過ぎればブラックハットSEOだと見なされる訳です。
Googleの検索エンジンは日々解析の精度が高まって来ているので、こうした不正も現在では簡単に見抜かれてしまいます。

隠しテキストやワードサラダが不正である事は、誰の目にも明らかでしょう。
とくにワードサラダは一見して意味のない文章が綴られているため、利用者が不快感を覚える事は間違いありません。
よく似たやり方にキーワードをページ内に目一杯に詰め込むというやり方があり、こちらもスパムの一種だと判定されやすくなります。
ですから、こうした不自然なコンテンツは出来得る限り避けるのがベターです。

少し分かりにくいのはリンク集に関してです。
Googleでは、有料リンクではなく、ひと昔前に流行ったような無料のリンク集であっても、そこに登録されているサイトはスパムを行っていると判断する傾向があります。
ですから、仲間同士でリンクを張り合っているだけでも場合によってはスパムだと判定されてしまうリスクがある訳です。

Googleは検索エンジンのアップデートを逐次行っていますから、今後どのような行為がブラックハットに当たるのかは現時点では分かりません。
ですが、一つだけ言えることはGoogleでは良質なサイトを評価するように、検索エンジンの解析の精度を日々高める努力をしているという点です。
こつこつと作られたサイトの方が長い目で見れば良い評価をもたらす事は確かですから、安易にブラックハットSEOに頼らないように気を付けましょう。